2010年06月18日

はやぶさ カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルの回収作業を始めた。小惑星イトカワの岩石が入っていると期待されるカプセルは14日夕方までに回収され、厳重な梱包(こんぽう)作業を経て、18日にも日本に到着する予定だ。

【輝きながら地球に帰還するはやぶさの連続写真。本体は消失…】

 JAXAは14日午前、回収に向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への説明を豪空軍に依頼、着地点への立ち入りなど回収作業への了解を求めた。着地点周辺がアボリジニの「聖地」にあたるためだ。

 また、JAXAは同日、カプセル発見時の航空写真を公開した。13日深夜、豪空軍のヘリコプターから撮影した。低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが着地し、金属特有の光沢を放っている。カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通りに開いて着地した様子が分かる。着地点は、最終的に風で少し流されたものの、はやぶさの軌道などから事前に予測していた着地想定地域のほぼ中央だったという。一方、落下途中ではずれた耐熱カバーは引き続き捜索している。

 14日午後には、研究者ら8人がヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。現地のカプセル回収責任者、西田信一郎・JAXA研究開発室長は「カプセルの回収は予定通りに順調に進みそうだ。あとは耐熱カバーの発見を目指したい」と話した。

【関連ニュース】
【打ち上げられる前のカプセルの写真】
【探査機「はやぶさ」の打ち上げから帰還までを写真で振り返る】 
質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?=回答者・はやぶさ君

大阪港に体長70センチのワニガメ(産経新聞)
新内閣が本格始動 早くも“菅流”? 取材は受けず(産経新聞)
武富士副社長宅に脅迫文 銃弾のようなものも同封(産経新聞)
“紅茶市場”新たなファン獲得 多様な風味&健康的 合う料理も提案(産経新聞)
<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
posted by マツシマ ヒデオ at 10:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第134回 中山大障害 もうだまされない!!賢い買い方を大公開!さらに一般には漏れない極秘データや厩舎を突撃取材など独占最新情報も配信中!圧倒的なデータから確実に勝利を導き出す!!
Posted by 中山大障害 at 2011年12月15日 02:29
誰だよ。今ネットでも話題だって聞いたからついついググっちゃったじゃん。どんだけ可愛い子なんだってwktkしてたけど全然対したことねぇのwみんなも見てみてよ。
Posted by あやの at 2012年01月14日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。