2010年03月28日

幹部公務員83人が退職勧奨に応じる 鳩山政権発足後今月12日までに(産経新聞)

 政府は23日の閣議で、昨年9月16日の鳩山政権発足から今月12日までに、中央省庁の課長級以上の幹部公務員83人が「退職勧奨」に応じたとする答弁書を決定した。みんなの党の山内康一衆院議員の質問主意書に答えた。内訳は、防衛省36人▽厚生労働省16人▽法務省13人▽警察庁6人▽内閣官房3人▽文部科学省2人▽人事院2人▽総務省1人▽外務省1人▽農林水産省1人▽国土交通省1人▽会計検査院1人。

【関連記事】
地方公務員も「老後に不安」 年金、生活資金…8割超
公務員改革、次官から部長級まで同格扱いに
公務員の幹部人事を当面凍結 仙谷国家戦略相
政権は多数派だけのものでない
公務員制度改革 政治主導の中身問われる
20年後、日本はありますか?

覚せい剤1キロ密輸容疑、瀋陽空港で日本人逮捕(読売新聞)
<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
「たたかれても決断」=平野官房長官−普天間問題(時事通信)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
自民支援見送りを正式決定=参院比例代表−農政連(時事通信)
posted by マツシマ ヒデオ at 01:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。