2010年05月21日

弁護士法違反容疑で元裁判所職員逮捕 大阪地検特捜部(産経新聞)

 弁護士資格がないのに知人らから過払金返還請求を請け負って本人訴訟を起こしたなどとして、大阪地検特捜部は20日、弁護士法違反(非弁活動)の疑いで、元簡易裁判所職員で旅行代理業の飯坂忠久容疑者(43)=大阪府富田林市向陽台=を逮捕した。特捜部によると容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、多重債務を抱える知人5人から計約800万円分の過払金返還請求権を譲渡されたと装い、平成19年7月〜20年11月、報酬目的で大阪地裁などに金融業者を相手取り本人訴訟を起こすなどしたとしている。

 関係者によると、飯坂容疑者は代理人としての活動を隠すために、知人に架空の債務を負わせた上で過払金の返還請求権を譲り受けて相殺したという嘘の公正証書を作成するなどしていた。この際、知人側の代理人として自分が経営する旅行代理店の従業員を公証役場に派遣したこともあり、知人らも偽装を了承していた可能性が高いとみられる。

 飯坂容疑者は昭和60年4月から平成4年7月まで、大阪簡裁など大阪府内の簡裁で事務官として勤務していたという。

【関連記事】
「弁護士バー」4月12日オープン 店名は「リーガルバー六法」
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部
「特上カバチ!!」表現めぐり温度差 弁護士会VS行政書士会 
僧侶に税理士…“専門家バー”活況 ほろ酔い気分でお勉強 
地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発

車に女性押し込み現金強奪=監禁10時間、容疑で男ら逮捕−警視庁(時事通信)
<裁判>娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁(毎日新聞)
不同意堕胎容疑の医師、子宮収縮剤を不正入手か(読売新聞)
諫早開門訴訟で裁判長現地視察(産経新聞)
<檜枝岐歌舞伎>山里に江戸の伝統 福島(毎日新聞)
posted by マツシマ ヒデオ at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

室内から複数足跡 横須賀の男性殺害(産経新聞)

 神奈川県横須賀市の住宅の台所で、住人の無職、小林章浩さん(62)とみられる男性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課は7日、遺体の状況などから殺人事件と断定し、浦賀署に捜査本部を設置した。

 捜査本部は同日、司法解剖を行い、死因などを調べるとともに身元の特定を急いでいる。

 捜査本部によると、遺体は死後約1週間が経過し、カーペットのようなものを掛けられていた。頭部に刃物で切られたような傷と、殴られたような傷が複数あった。遺体があった台所と、隣接する居間からは血痕が見つかったほか、室内からは複数の足跡が発見された。物色された形跡はないという。

 小林さんは1人暮らし。6日午後6時40分ごろ、近所の住民からの通報で駆けつけた浦賀署員が遺体を発見した。

【関連記事】
横須賀市の住宅に男性の変死体 殺人事件で捜査 
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族
空き家物置の女性遺体 死因は頸部圧迫の窒息死
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ
ビニールシート遺体、県内の26歳女性と判明 静岡・御殿場
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
デリヘル依頼の男性恐喝=容疑で山口組系組員ら逮捕−警視庁(時事通信)
御殿場の女性死体遺棄、2月にDV相談(読売新聞)
<雑記帳>「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
posted by マツシマ ヒデオ at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。