2010年03月13日

<参院選>みんなの党が大学教授擁立 東海で初の公認候補 (毎日新聞)

 みんなの党は12日、今夏の参院選愛知選挙区(改選数3)に、愛知みずほ大学大学院特任教授、薬師寺道代氏(45)を公認候補として擁立すると発表した。同選挙区の候補予定者は8人目。東海地区での同党公認候補は初めて。

 薬師寺氏は福岡県久留米市出身で東京女子医大卒。03年から政府の構造改革特区推進本部評価委員会(現評価・調査委員会)委員を務めている。元行政改革担当相の渡辺喜美党代表と面識があり、みんなの党の公募に応じた。愛知選挙区の民主党候補としても一時名前が挙がっていた。

 薬師寺氏は同日の記者会見で「医療政策が専門。社会保障・医療政策を立て直したい」などと抱負を語った。

 みんなの党が候補者を出すことで、愛知選挙区の構図が変わる。同党は09年の衆院選比例東海ブロックで、40万4411票を獲得、1議席の当選枠を得たが、唯一の候補である重複立候補が小選挙区で法定得票に達せず、議席を逃した。この時、愛知県では18万5966票を得ている。

 2議席維持を目指す民主党に警戒感は広がり、同党愛知県連の吉田伸五副代表は「台風の目になる可能性がある」と話した。保守地盤を奪われる恐れがある自民党県連の長坂康正幹事長は「対抗するために候補者を一本化した」と語った。

 愛知選挙区では▽民主党では前県教員組合執行委員長、斎藤嘉隆氏(47)と民間シンクタンク研究員、安井美沙子氏(44)▽自民党は県議の藤川政人氏(49)▽共産党は党県くらし・環境対策委員長、本村伸子氏(37)▽社民党は党県連副代表、青山光子氏(61)が既に出馬を表明。他に諸派2人が立候補を表明している。【丸山進】

【関連ニュース】
田名部元農相:次期参院選立候補せず 政界引退へ
参院選:愛知選挙区 民主党県連が安井美沙子氏を擁立
鳩山首相:小沢氏と参院選に向け会談
小沢幹事長:創価学会幹部と会談 参院選協力で意見交換か
民主:参院選複数区で候補擁立難航 週内に発表

リュックの中身は「5年前に死んだ子供の遺体」 建造物侵入容疑で逮捕の男が供述(産経新聞)
連合会長「極めて残念」 北教組の不正資金提供で真相究明を要求(産経新聞)
非核三原則、法制化も展望=社民党首(時事通信)
<元駐日米大使補佐官>「岩国で核保管」66年に3カ月以上(毎日新聞)
あのカーネル人形、甲子園近くのケンタで展示へ(読売新聞)
posted by マツシマ ヒデオ at 03:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。